中国IT企業、テスラに5%出資---第5位の株主に

自動車 ビジネス 企業動向
テスラ・モデル3
  • テスラ・モデル3
米国のEVメーカー、テスラ。同社に中国のIT企業が出資したことが分かった。

これは3月28日、テスラが米国の証券取引委員会(SEC)に提出した書類で明らかにしたもの。「中国のテンセントホールディングスが17億8000万ドルを投資し、テスラ株の5%を取得した」と発表している。

中国のテンセントホールディングスは、インターネットサービス大手。今回の出資は、テンセントホールディングスなど3社が共同で行った。これにより3社は、テスラの第5位の株主となる。

テスラは、世界最大の自動車市場の中国において、さらなる事業の拡大を目指す方針。また、今回の出資で得た資金は、2017年内に生産を開始する予定の新型EV、『モデル3』の生産準備にも充当されると見られる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース