JARI、既存テストコースも自動運転車両の試験対応へ改修実施

自動車 テクノロジー ITS
これまで交通事故のパターン研究に使われてきた市街地を模した既存の屋外テストコースも自動運転車両の試験に対応させる改修を実施した。
  • これまで交通事故のパターン研究に使われてきた市街地を模した既存の屋外テストコースも自動運転車両の試験に対応させる改修を実施した。
  • 施設西側「V2X市街地コース」には路車間通信を行なうためのビーコン類を設置。
  • 歩行者や車両の検知センサーも設けた。
  • 一定の速度で走行した場合、進路の信号を青に切り替えていく「グリーンウェーブ走行支援システム」のデモを披露。
  • 交差点には建物を模した遮蔽物の設置も可能となった。これによって死角をつくり出すことができる。
  • 施設東側の「多目的市街地コース」には様々なパターンの交差点を設置できる100m四方の余地がある。
  • 移動式の白線を引くことで様々なパターンの交差点をつくり出す。
  • 路上に引いた白線はこのような仮設のもの。
自動運転車両のテストコースとして日本自動車研究所(JARI)が開設した「Jtown」のうち、市街地を模した屋外テストコースは既存施設を改修して使うことになった。西側が「V2X市街地コース」、東側が「多目的市街地コース」と呼ばれている。

いずれのコースも以前は「交通事故発生パターンの研究や試験」に用いられてきたが、自動運転車両の試験も行なえるような設備を新たに追加して、どちらの試験も行えるような改修を行った。

西側のV2X(Vehicle to Everything)市街地コースでは、車車間や路車間、歩車間などの通信技術に対応したセンサーやビーコンを設置。インフラ協調型安全運転支援システム(DSSS)に対応した情報を提供できるようになり、自動運転車両に搭載された通信機器を試験できるという。

また、東側の多目的市街地コースは中央部に100m四方の余地を設け、ここに移動式の白線を引くことで複数パターンの交差点(ラウンドアバウト含む)をつくり出すことができる。センサー類の死角を試すための遮蔽物(コンテナ)設置も可能となっており、市街地走行を模した試験が行える。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集