【ジュネーブモーターショー2017】ヴァンダ・エレクトリックス デンドロビウム…シンガポール発[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー

ヴァンダ・エレクトリックス デンドロビウム(ジュネーブモーターショー2017)
  • ヴァンダ・エレクトリックス デンドロビウム(ジュネーブモーターショー2017)
  • ヴァンダ・エレクトリックス デンドロビウム(ジュネーブモーターショー2017)
  • ヴァンダ・エレクトリックス デンドロビウム(ジュネーブモーターショー2017)
  • ヴァンダ・エレクトリックス デンドロビウム(ジュネーブモーターショー2017)
  • ヴァンダ・エレクトリックス デンドロビウム(ジュネーブモーターショー2017)
  • ヴァンダ・エレクトリックス デンドロビウム(ジュネーブモーターショー2017)
  • ヴァンダ・エレクトリックス デンドロビウム(ジュネーブモーターショー2017)
  • ヴァンダ・エレクトリックス デンドロビウム(ジュネーブモーターショー2017)
ヴァンダ・エレクトリックス社は、シンガポールに本拠を置き、エレクトロモビリティを手がける新興企業。ジュネーブモーターショー2017で初公開された『デンドロビウム』は、シンガポール初のハイパーカーとして開発された。

パワートレインは、EV。英国の名門ウイリアムズグループのウイリアムズアドバンスドエンジニアリングを、テクニカルパートナーに起用。前後アクスルに各2個、合計で4個のモーターを搭載する。二次電池は、リチウムイオンバッテリー。

動力性能は、0‐96km/h加速が2.7秒、最高速が322km/h。同社は「ジュネーブモーターショーでの反応を見て、2020年に市販する計画」とコメントしている。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集