マイクロソフト、トヨタと特許ライセンス契約を締結…コネクトカー技術

自動車 ビジネス 企業動向

2011年に提携したマイクロソフトとトヨタ
  • 2011年に提携したマイクロソフトとトヨタ
マイクロソフトは3月22日、トヨタ自動車と広範なコネクテッドカー関連テクノロジーを包めた新たな特許ライセンス契約を締結した、と発表した。

この契約は、マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Azure」ベースの トヨタの「ビッグデータセンター」を含めて、トヨタとマイクロソフトの強力なパートナーシップに基づくもの。

マイクロソフトは、年間114 億ドルを研究開発に投資。30年以上にわたり、今日のコネクテッドカーを支える革新的テクノロジーを開発してきた。テレマティクス、車載インフォテインメントシステム)、セーフティシステムをはじめ、多くの分野でマイクロソフトのテクノロジーとイノベーションが活用されている。

マイクロソフトの知的財産担当、エリック・アンダーソン副社長は、「マイクロソフトは自動車メーカーと緊密に連携して、顧客の声に応えられるよう支援している。パートナーのトヨタに対する特許技術のライセンスについて発表できることを、大変うれしく思う」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集