【ATTT 2017】3月15日にビッグサイトで開幕…クルマと通信の融合をテーマに

自動車 テクノロジー ITS

アマネク・テレマティクスデザインブース(ATTT16)
  • アマネク・テレマティクスデザインブース(ATTT16)
  • ホンダブース(ATTT16)
  • 3月16日開催予定のセミナー
  • 3月17日開催予定のセミナー
  • 3月17日開催予定のセミナー
  • ATTTアワード表彰式(ATTT16)
国際自動車通信技術展(ATTT)が3月15日、東京ビッグサイトで開幕する。クルマと通信の融合で生み出される次世代技術やサービスをテーマにした展示に加えて、各種セミナーも行われる。会期は3月17日まで。

今回で8回目となるATTT2017にはホンダやNTTドコモを始め、RF(高周波)/ワイヤレステストや生産ラインテストなどを手がけるアベルナ・ジャパン、モビリティ向け専用ラジオ局『Amanekチャンネル』を運営するアマネク・テレマティクスデザインなどが出展する。

また16、17日の両日には8つのセミナーが開催される。まず16日は「進化し続ける次世代交通事業について」をテーマにNTTドコモ IoTビジネス部の谷直樹部長、未来シェア会長で公立はこだて未来大学の名誉会長も務める中島秀之氏が、「ライドシェアの新しい潮流」をテーマにドコモ・バイクシェアの坪谷寿一社長とジャーナリストの神尾寿氏が、また「自動運転時代の公共交通」のテーマではSBドライブの佐治友基社長兼CEOとレスポンスの三浦和也編集長がそれぞれ登壇。

17日には「つながるクルマ~Connected Car~が創る未来」をテーマに総務省新世代移動通信システム推進室の増子喬紀室長補佐が、「デジタル放送が生み出す新しいアフターマーケット」のテーマでアマネク・テレマティクスデザインの今井武社長が、「通信が切り拓く新しい輸送・配送サービス」のテーマではホンダのビジネス開発統括部テレマティック部サービス開発室で技師を務める馬場三博氏、「ITがもたらすタクシーの未来」では慶應義塾大学大学院の夏野剛特別招聘教授、日本交通の川鍋一郎社長が、さらに「自動車定額制時代のビジネスモデル」ではIDOMの北島昇執行役員らがそれぞれ登壇する。

各セミナー聴講ための事前登録はすでに締め切られているが、当日券を用意しているプログラムもあるという。当日券は2000円。なお17日開催の「つながるクルマ~Connected Car~が創る未来」の聴講は無料となっている。

さらに最終日の17日午後にはモバイル、IT、モビリティの融合による技術革新で開発された優れた商品やサービス、ソリューションに対して送られるATTTアワードの表彰式も会場内で行われる。同アワードでは先進安全・環境技術、自動運転/AI、コンテンツ・サービス、社会ソリューションの4つのテーマを設けて表彰する。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集