マツダ、CX-3 に続き CX-5 も防府工場で生産開始…SUV需要への対応強化

自動車 ビジネス 企業動向
マツダ CX-5 新型
  • マツダ CX-5 新型
  • 防府第1工場をラインオフするCX-3
マツダは3月13日、広島本社工場で生産している新型クロスオーバーSUV『CX-5』を、11月から防府工場(山口県防府市)でも生産すると発表した。

マツダは、中期経営計画「構造改革ステージ2」(2017年3月期~2019年3月期)で掲げているグローバル販売台数165万台の達成に向けて、クロスオーバー系車種を需要に応じて柔軟に生産できる体制の構築に取り組んでおり、昨年12月には、本社工場に加え、防府工場でもコンパクトクロスオーバーSUV『CX-3』の生産を開始した。

今年2月に国内販売を開始した新型CX-5は、発売から約1か月で月間販売計画台数の約7倍にあたる1万6639台を販売するなど、好調を維持。マツダでは、防府工場でCX-3に続き、CX-5の生産を開始することで、グローバルに高まるSUV需要への柔軟かつスピーディーな対応を強化する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース