ウミガメA380、ANAがホノルル線に投入へ---2019年春

航空 企業動向
ANA、ウミガメA380をホノルル線に投入へ
  • ANA、ウミガメA380をホノルル線に投入へ
  • 入賞作品

ANAグループは3月6日、2019年春から東京=ホノルル線に投入する、総2階建ての超大型機エアバスA380の特別塗装デザインと愛称を発表した。

ANAは昨年秋、ホノルル線に投入するA380(合計3機)の特別塗装デザインを公募。応募総数2197作品の中から大賞に選ばれたのは、機体に「ハワイの青い海でゆったりとくつろぐホヌ(ウミガメ)の親子」を描いた東京都の増岡千啓(ちひろ)さんの作品。増岡さんには東京=ハワイ線ビジネスクラス・ペアチケットがプレゼントされる。

ウミガメの親子が描かれる特別塗装機の愛称は、「空飛ぶウミガメ」という意味を持つ「FLYING HONU」に決定。ウミガメはハワイでは非常に神聖な生き物とされ、見つけると幸福や繁栄がもたらされると言われている。

《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース