運転中のながらスマホ、3.9%が「ある」と回答…マイボイスコム調べ

自動車 テクノロジー 安全
運転中の「ながらスマホ」検証
  • 運転中の「ながらスマホ」検証
  • 何かをしながらスマートフォンを利用するときの状況

マイボイスコムは、2回目となる「歩きスマホ」に関するインターネット調査を実施、1万1475件の回答をまとめた調査結果を発表した。

調査結果によると、何かをしながらスマートフォンを利用することがある人は所有者のうち75.5%。昨年の調査から1.2ポイントダウン。「歩きながら」は同2.4ポイントダウンの33.1%と、若干ながら改善傾向にあるようだ。そのほか、自動車を運転しながらは同1.4ポイントダウンの3.9%、自転車に乗りながらは同0.1ポイントアップの2.3%だった。

歩きスマホをする人に、どのように操作するかを聞いたところ、「画面を見ながら、手で操作する」が61.5%、「画面を見るが、操作はしない」が30.0%、「スマートフォンを手で持って電話をする」「音楽やラジオ、音声案内などを聴くが、画面は見ない・操作しない」が各2割となっている。また、利用する機能・サービスは、「通話」が56.0%、「地図、GPS機能」「メール」が各4割強で上位3位、「乗り換え案内、運行情報」「コミュニケーションアプリ」が各3割となっている。

歩きスマホをして危険な目にあった・あいそうになった経験がある人は「よくある」が4.7%、「たまにある」が28.6%、合計33.3%。「人にぶつかる」が18.5%、「物や建物・電柱等にぶつかる」が11.4%となっている。また、歩きスマホをする人がいたことで、迷惑に感じたり危険な目にあったりした経験がある人は「よくある」が18.2%、「たまにある」が41.8%、合計60.0%だった。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集