【ジャパンボートショー2017】ホンダが出展、4ストローク船外機をアピールへ

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

ホンダの船外機「BF6」
  • ホンダの船外機「BF6」
  • ホンダの船外機 「BF5」
ホンダは2月23日、パシフィコ横浜で3月2~5日に開催される「ジャパンインターナショナルボートショー2017」の出展内容を発表した。

ホンダは、4ストローク船外機『BF5』と『BF6』、コンパクトながら力強さを表現したクラウチング・シェイプ・フォルムをデザインに採用し、今夏に発売予定の『BF50プロトタイプ』を出展する予定。

ホンダブースでは、「時代の枠を超えて進化するホンダ~The 4-stroke advantage~」をテーマに、2馬力から250馬力まで、幅広いラインアップの4ストローク船外機シリーズ計15モデルを展示。『BF135』を搭載した最新のフィッシングボートや、『BF250』を搭載したマホガニー製プレミアムスポーツボートの展示を通じて、マリンライフの楽しみ方を提案していく。

ホンダは、「水上を走るもの、水を汚すべからず」という創業者の本田宗一郎の理念の下、1964年の事業開始から一貫して4ストローク船外機の開発、生産、販売を行っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集