2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、バリアフリー法見直しを検討

自動車 社会 行政

国土交通省は、2020年東京オリンピック・パラリンピックを機とした共生社会の実現に向けてバリアフリー法と関連施策について見直しも視野に入れた検討に入る。

東京オリンピック・パラリンピックを契機とした共生社会の実現を目指し、2月20日にユニバーサルデザイン2020関係閣僚会議が開催され、東京大会のレガシーとして残していくための「ユニバーサルデザイン2020行動計画」が決定された。

これを受け、行動計画を着実に実施するとともに、バリアフリー法や関連施策の見直しも視野に入れた検討を行うため、「バリアフリーワーキンググループ」を2月27日に開催する。

まずバリアフリーワーキンググループの開催趣旨についてや、ユニバーサルデザイン2020行動計画、バリアフリー法と関連施策のあり方について検討する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集