世界一遅いスーパーカーをドライブ…レッドブル×キャタピラーがコラボ[動画]

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
自動車ジャーナリストが世界一遅いスーパーカー Cat773Gオフハイウェイトラックを運転
  • 自動車ジャーナリストが世界一遅いスーパーカー Cat773Gオフハイウェイトラックを運転
  • 自動車ジャーナリストが世界一遅いスーパーカー Cat773Gオフハイウェイトラックを運転
  • 自動車ジャーナリストが世界一遅いスーパーカー Cat773Gオフハイウェイトラックを運転
  • 自動車ジャーナリストが世界一遅いスーパーカー Cat773Gオフハイウェイトラックを運転
レッドブルとキャタピラーは、世界一遅いスーパーカー「Cat 773Gオフハイウェイトラック」を自動車ジャーナリストの中三川大地氏がドライブするコラボ動画をLINEアカウント、ホームページ等で公開した。

Cat 773Gオフハイウェイトラックは、全長10メートル、全幅4.5メートル、車両重量50トンの巨大ダンプトラック。その巨体を、排気量2万7000ccの直噴ディーゼルターボエンジンが引っ張り、巨大なベッセルでさらに50トン以上を担ぐことができる世界一遅いスーパーカーだ。

動画では、キャタピラー教習所にて38時間におよぶ運転技能講習を受けた中三川氏が巨大ダンプトラックをドライブ。四輪駆動、定格出力786ps、最高速度67.5kmという、世界一遅いスーパーカーの驚くべき性能を紹介している。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集