成田国際空港、航空機発着回数や航空旅客人数が過去最高 2016年

航空 企業動向
成田空港
  • 成田空港
成田国際空港が発表した2016年の運用状況を発表した。

航空機発着回数は、前年比5%増の24万3474回と、5年連続で過去最高を更新した。国際線はLOTポーランド航空、四川航空など、新規就航が9社あったほか、韓国、香港、台湾などの新規路線開設や増便が相次ぎ、旅客便が好調で、同6%増の19万2104回と2年連続で過去最高を更新した。

国内線はピーチ・アビエーションの那覇線や春秋航空日本の札幌線、関西線の就航などもあって同0.3%増の5万1370回と過去最高となった。

航空旅客人数は、同5%増の3905万3652人と、初めて3900万人を超えて3年連続で過去最高を更新した。このうち、国際線旅客人数は、同11%増の1392万0866人と3年連続で過去最高を更新。国内線の旅客人数は同4%増の700万4576人と7年連続で過去最高を更新した。

国際航空貨物量は仮陸揚貨物量が同11%増の77万0097トンと4年連続で過去最高となった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集