【IIHS衝突安全】BMW 2シリーズ クーペ、最高評価

自動車 テクノロジー 安全
BMW2シリーズクーペ
  • BMW2シリーズクーペ
  • BMW2シリーズクーペ
  • BMW2シリーズクーペ
米国IIHS(道路安全保険協会)は1月17日、BMW『2シリーズクーペ』の2017年モデルを、最高評価の「2017トップセーフティピック+」に認定すると発表した。

IIHSの「トップセーフティピック」を獲得するには、前面衝突、側面衝突、追突想定、スモールオーバーラップ衝突、ロールオーバー(車両転覆)の各耐衝撃性能試験の全てにおいて、最高の「Good」となるのが条件。また、前面衝突予防評価において、「ベーシック」を獲得することも要求される。

さらに上の「トップセーフティピック+」を受賞するには、トップセーフティピックの耐衝撃性能試験での最高評価とともに、前面衝突予防評価で「アドバンスド」、「スーペリア」のいずれかの獲得が必要になる。また2016年からは、ヘッドライト性能評価が導入され、「Good」、「Acceptable」のいずれかの獲得も必要。

なお、2017年型2シリーズクーペの米国仕様には、自動ブレーキや前面衝突警告システムなどの安全装備をオプションで用意した。

IIHSはBMW 2シリーズクーペについて、「前面衝突予防評価はアドバンスド。ヘッドライトの性能評価はGood」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集