【オートモーティブワールド2017】モバイルアイを追い越せ!FPGAによる深層学習チップ

自動車 ビジネス 国内マーケット
MPSoCにディープラーニングを実装
  • MPSoCにディープラーニングを実装
  • 動画をリアルタイムで認識
  • 画像ライブラリをバッチで認識するデモ
  • FPGAによるディープラーニングの実装
18日に開幕した「オートモーティブワールド2017」、XILINXのブースでは、深層学習によるAIモデルをFPGAに実装したデバイスが参考展示されていた。そのための開発ツールとともに市場に投入する予定もあるというので、実現すればモバイルアイのAIカメラモジュールのような製品の開発・量産がやりやすくなる可能性がある。

展示してあったチップは、ARM A53というプロセッサを4つ搭載したFPGAチップ、MPSoCという製品で作られているという。デモでは、1080pの高画質画像のうち500×500ピクセルの領域をセマンティックセグメントとして、その範囲内の人間をリアルタイムで判別、トラッキングするというものだ。

画像を判定するAIモデルはニューラルネットワークによる深層学習(ディープラーニング)をFPGAでハードウェア回路として実装している。そのため高速処理が可能である。また、FPGAという回路変更があとからも可能である特性を生かせば、実装したAIモデルの追加学習、認識モデルの変更などの可能性も開ける。

AIモデルをFPGA化するためのツールも用意され、XILINXでは近いうちに製品として市場に投入したい考えだ。AIモデルをFPGAで比較的簡単に実装できるようになれば、現在モバイルアイ社の画像認識ソリューションをOEMとして提供を受けているサプライヤーやメーカーが、同様なモジュールの自社開発がやりやすくなる可能性がある。

そうなれば、自動ブレーキやインテリジェントクルーズコンピュータのような機能が、もっと身近になるかもしれない。
《中尾真二》

編集部おすすめのニュース

特集