【ダカール2017】豊田社長「トヨタ車の完走は誇り」

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
市販車部門優勝を果たした327号車トヨタランドクルーザー
  • 市販車部門優勝を果たした327号車トヨタランドクルーザー
  • 日野レンジャーと日野チーム
1月15日、南米でゴールを迎えた今年のダカールラリー。トヨタ自動車の豊田章男社長が、トヨタグループの活躍を讃えるコメントを発表している。

今年のダカールラリーは、トヨタ『ランドクルーザー』で参戦した「トヨタ車体 チームランドクルーザー」が、市販車部門で4年連続の優勝。日野自動車の『レンジャー』で参戦した「日野 チームスガワラ」がトラック部門で8連覇を達成した。

さらに、南アフリカトヨタのチームであり、TOYOTA GAZOO Racingの一員でもある「TOYOTA GAZOO Racing SA」が総合5位で完走。「OVERDRIVE TOYOTA」も総合4位で、完走を成し遂げた。

豊田社長は、「トヨタのクルマに乗り、トヨタの名を冠した同志達が、ダカールに挑み、幾多の苦難を乗り越えて、その厳しい道のりを走り切ったことを、本当に誇りに思う」とのコメントを発表した。

また、今回のダカールラリーには79台の4輪車が出走し、その内の36台がトヨタ車だった。豊田社長はこのことにも触れ、「過酷を極めるダカールラリーの道に挑むにあたり、多くのチームがトヨタ車に期待し、その性能を信頼してトヨタを選んでくださったことに感謝したい」と述べ、「今後も、トヨタグループ一丸となって、世界の様々な道を走り、もっといいクルマづくりに取り組んでいく」と決意を語っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集