エアバス、民間航空機の納入数が688機で過去最高、純受注は731機 2016年

航空 企業動向
エアバスが2016年の民間航空機部門の業績を発表
  • エアバスが2016年の民間航空機部門の業績を発表
  • エアバスが2016年の民間航空機部門の業績を発表
  • エアバスが2016年の民間航空機部門の業績を発表
エアバスは、2016年(1~12月)の民間航空機部門の業績を発表した。

それによると2016年は82社に対して688機を納入し、前年比8%以上上回る過去最高の引き渡し機数を記録した。

内訳は、単通路型A320ファミリーが545機で、このうち68機がA320neoだった。A330が66機、A350XWBが49機、A380が28機。単通路型機の引き渡し機数の40%以上がA321だった。

また、2016年の受注は、51社から731機の純受注を獲得した。このうち、8社が新規の航空会社だった。受注の内訳は、単通路型機が607機、ワイドボディ機が124機。

この結果、2016年12月末時点のエアバス機の受注残数は6874機となり、金額ベースではカタログ価格で1兆0180億米ドル。

エアバスのファブリス・ブレジエ民間航空機部門社長兼最高執行責任者(COO)は「将来の増産に向け、困難な環境下で目標を達成した。今後もさらなる納入機数の増加とデジタル化の活用、世界中で提供するサービスの拡大を目指す」とコメントしている。
《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース