JAL、チャイナエアラインと日本=台湾便の全路線にコードシェア拡大

航空 企業動向
チャイナエアライン
  • チャイナエアライン
  • JAL
日本航空(JAL)は、チャイナエアラインと旅客と貨物分野における提携強化に関する覚書を締結した。

JALとチャイナエアラインは2010年10月31日に東京(羽田)=台北(松山)間でコードシェアを開始した。今回、提携強化策の第1弾として、2月下旬からJALとチャイナエアラインの双方が運航する日本=台湾間の全路線・全便にコードシェアを拡大する。

旅客と貨物分野で提携を強化して、利用者の利便性向上を図る。今後もさらなる施策展開に向け、両社で検討を進める予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • JALと大韓航空、特典航空券の相互交換をスタート 画像 JALと大韓航空、特典航空券の相互交換をスタート
  • JAL、九州方面「応援先特」に大阪発着を追加 画像 JAL、九州方面「応援先特」に大阪発着を追加
  • ANAがベトナム航空とコードシェア 10月30日に開始 画像 ANAがベトナム航空とコードシェア 10月30日に開始
  • JALと欧州4社、共同事業を開始 画像 JALと欧州4社、共同事業を開始
  • 【デトロイトモーターショー2017】アウディ A5 カブリオレ新型、初公開 画像 【デトロイトモーターショー2017】アウディ A5 カブリオレ新型、初公開

特集