【CES 2017】コンチネンタル、車載生体認証システムを初公開

自動車 テクノロジー ネット
コンチネンタルの車載生体認証システム
  • コンチネンタルの車載生体認証システム
  • コンチネンタルのプレゼンテーション(CES 2017) (c) Getty Images
ドイツに本拠を置く自動車部品大手、コンチネンタルは1月4日、米国ラスベガスで開幕したCES 2017において、車載生体認証システムを初公開した。

自動車メーカーのシステム構成によっては、正しいキーを持っていても、エンジン始動させるのに不充分な場合がある。そこで、コンチネンタルは、車載生体認証システムを開発した。

ドライバーが指紋センサーを通じて認証されると、エンジンを始動できる。この2段階認証システムは、盗難に対してのセキュリティ性能が大きく高まる。

さらに、インテリアカメラによって、高度な車両パーソナライゼーションが可能に。ここでは、顔認識機能により、シートやミラーの位置、オーディオ、空調、ナビゲーションなど、車両セッティングをドライバーに合わせ自動的に調整してくれる。車両側にどのようなアクセス技術を採用しているかに関係なく、生体認証機能のシステムへの統合も可能とした。

コンチネンタルによると、アクセスシステムの革新が進むと、単に車両のドアロックを解除し、エンジンを始動させるよりも、はるかに多くのことができるようになるという。同社は、「キーレスアクセス制御およびスタートシステムPASE(パッシブスタート&エントリー)と生体認証要素の組み合わせにより、コンチネンタルは強力なセキュリティと真のパーソナライゼーションを提供していく」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集