中部国際空港、航空機発着回数が18カ月ぶりプラス 2016年11月

航空 企業動向
中部国際空港
  • 中部国際空港
中部国際空港が発表した11月の利用実績によると、航空機発着回数は前年同月比1%減の8035回と18カ月ぶりに前年割れとなった。

国内線は同1%増の5018回となったものの、国際線が旅客便の減少で同4%減の3017回と落ち込んだ。

航空旅客人数は同3%増の87万9715人と前年を上回った。国際線が日本人旅客の増加で同1%増の40万1600人となった。高い成長が続いてきた外国人旅客は横ばいだった。国内線は同4%増の47万8115人と順調だった。

国際貨物取扱量は同4%増の1万3781トン、国内貨物取扱量が同1%増の2074トンだった。

給油量は同1%減の4万3709キロリットルだった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 関西エアポート、初年度黒字に…航空機発着回数増加で 2016年9月期決算 画像 関西エアポート、初年度黒字に…航空機発着回数増加で 2016年9月期決算
  • 成田国際空港、中国人の「爆買い」沈静化で減収減益 2016年中間決算 画像 成田国際空港、中国人の「爆買い」沈静化で減収減益 2016年中間決算
  • ユーロウィングス、ミュンヘン=スタンステッド線を開設 2017年3月31日から 画像 ユーロウィングス、ミュンヘン=スタンステッド線を開設 2017年3月31日から
  • 【スズキ スイフト 新型】 RStはターボ搭載、スイフトスポーツはどうなる?…開発責任者が明かした 画像 【スズキ スイフト 新型】 RStはターボ搭載、スイフトスポーツはどうなる?…開発責任者が明かした
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース