トライアル・デ・ナシオン、2位の日本代表チームに自民党MS議員連盟会長杯を授与

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
2016トライアル・デ・ナシオン日本代表チーム
  • 2016トライアル・デ・ナシオン日本代表チーム
2016トライアル・デ・ナシオン日本代表チームに、自由民主党モータースポーツ振興議員連盟会長杯が授与された。

トライアル・デ・ナシオンは、国際モーターサイクリズム連盟(FIM)が年に一度世界各国で開催。サッカーのワールドカップに相当する、ナショナルチームで争う国別対抗世界選手権。今年は藤波貴久(ホンダ)、小川友幸(ホンダ)、黒山健一(ヤマハ)の3名が日本代表チームとして参戦。出場30か国中2位を獲得した。

授与式は、12月17日の「MFJ MOTO AWARDS 2016」にて行われ、日本代表チームに対し、同議員連盟事務局の三原じゅん子参議院議員よりカップと副賞のお米券等が贈呈された。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集