トヨタ、インドで最大3%値上げ…素材価格が上昇

自動車 ビジネス 海外マーケット
トヨタ・フォーチュナー
  • トヨタ・フォーチュナー
  • トヨタ・イノーバ・クリスタ
  • トヨタ・エティオス・エクスクルーシブ
  • トヨタ・カムリ・ハイブリッド
トヨタ自動車のインド車両生産・販売会社、トヨタ・キルロスカ・モーター(TKM)は12月上旬、2017年1月販売分からインド国内で値上げを行うと発表した。

今回の値上げは、鉄やアルミ、銅、ゴムなどの素材価格が、過去6か月で上昇したことを受けての対応。為替相場の変動の影響も、値上げの理由となる。

車両価格の引き上げは、2017年1月1日販売分から適用される予定。値上げの幅は、最大で3%となる。

TKMのN・ラジャ営業&マーケティング担当上級副社長は、「これまで、素材価格の上昇分を社内で吸収し、車両価格の値上げを抑えてきた。今回の値上げは、やむを得ないもの」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース