ルネサス、運転支援システムをオールインワンで提供するマイコンを開発

自動車 テクノロジー ITS
「RH850/P1L-C」グループ4製品を追加
  • 「RH850/P1L-C」グループ4製品を追加
ルネサスエレクトロニクスは、アンチロックブレーキシステムや、エアバッグシステムなどのシャシー&セーフティシステム、小型モータ制御に適したセーフティマイコン「RH850/P1L-C」グループ4製品を開発した。

RH850/P1L-Cは、自動運転の実現に向けた運転支援システムのニーズをオールインワンで提供する「RH850/P1x-C」シリーズのローエンド版。

新製品は、RH850/P1x-Cシリーズの製品プラットフォームを継承、機能安全やセキュリティに対応するとともに、周辺機能の互換性を確保した。同社の強みである低消費電力技術により、放熱板不要のLQFPパッケージの採用と小ピンパッケージ展開により車載制御ユニット(ECU)の小型化ニーズに対応する。また、セーフティ/セキュリティサポートプログラム、AUTOSAR対応MCAL、パートナーとの連携によるモデルベース開発環境、小型モータ制御を想定したリファレンスボードなど、開発期間短縮を支援するソリューションも順次提供する。

新製品のサンプル価格は3000円/個(消費税別)。新製品の量産は2018年5月に開始、2020年には合計で月産70万個となる計画。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集