熊本地震で通行不能となった俵山トンネルルート開通へ 12月24日

自動車 社会 行政
俵山トンネルルートの位置図
  • 俵山トンネルルートの位置図
  • 俵山トンネルルートの整備状況
  • 俵山トンネルルート整備効果
国土交通省は、熊本地震で大きな被害を受け通行不能となっている俵山トンネルルート(県道熊本くまもと高森たかもり線)・西原村小森から南阿蘇村河陰間の約10kmが12月24日午前11時に開通する見通しになったと発表した。

俵山トンネルルートは、国が直轄事業として災害復旧を進めている。俵山トンネルと旧道を迂回路とした東西方向の通行を確保するための工事が完了し、開通する見通しとなった。今回の開通により、益城熊本空港インターチェンジから南阿蘇村役場までの所要時間が約40分となる。標高が高く2015年冬期に10日間通行止めとなったグリーンロードを迂回するルートに比べ約10~20分時間短縮できる。

同時に、冬期の安全な通行を確保し、阿蘇地域の物流の円滑化、観光振興に寄与することが見込まれる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集