ゼンリンデータコム、位置情報ゲーム向け地図サービスを提供

自動車 ビジネス 企業動向
位置情報ゲーム向け地図サービスのイメージ
  • 位置情報ゲーム向け地図サービスのイメージ
  • 晴れの日(左) 雨の日(右)のように天候に合わせて画面も変化する。
ゼンリンデータコムは、位置情報ゲーム向け地図サービスの提供を開始した。

新しい地図サービスでは、現在ブームとなっている位置情報ゲームで、地図を利用する際、従来のイラストなどによる地図とは異なってゲームの世界観を重視し、現実の世界とマッチさせたオリジナルデザインマップを提供することが可能。

同社は、サービスの可用性を確保するクラウド環境が整っており、アクセスが集中した際も滞りなくサービスを利用でき、ゲームをはじめエンターテインメントサービスなどで幅広く活用できる。

サービスでは、時間に合わせた日陰の表示や昼夜の背景、天候など、現実世界で起こっていることをリアルタイムで地図に反映する。危険箇所侵入のリスクを排除する立ち入り禁止区域判定機能も実装。ブラウザ、アプリどちらにも対応可能。

AR、VRサービス作成の際のサポートツールとして活用できるほか、マルチプラットフォームゲームエンジンUnity(ユニティ)にも対応をしており、簡単に開発を行うことができる。提供価格はアクセス課金ではなく、利用者のアプリ・サービスの売上に応じたレベニューシェアが可能。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ゼンリン、「ドアtoドアを目指した経路誘導システム」で福岡県発明協会会長賞を受賞 画像 ゼンリン、「ドアtoドアを目指した経路誘導システム」で福岡県発明協会会長賞を受賞
  • ゼンリン、道路パトロール支援サービスに住宅地図対応オプションを提供 画像 ゼンリン、道路パトロール支援サービスに住宅地図対応オプションを提供
  • 各地のイルミネーション情報を特集…ゼンリンいつもNAVI[マルチ] 画像 各地のイルミネーション情報を特集…ゼンリンいつもNAVI[マルチ]
  • ゼンリン、PCインストール型電子地図ソフト Zi19 を発売 画像 ゼンリン、PCインストール型電子地図ソフト Zi19 を発売

特集