富士重、汎用エンジンの一部および米国販売会社をヤマハ発動機へ譲渡

自動車 ビジネス 企業動向
富士重工業 汎用エンジン EH65
  • 富士重工業 汎用エンジン EH65
  • 富士重工業 汎用エンジン EH72
ヤマハ発動機と富士重工業は12月7日、富士重工業の一部汎用エンジンの技術資産と、米国販売会社の譲渡に関する契約を締結したと発表した。

富士重工業は、2017年9月末で汎用エンジン等の生産・販売を終了すること決定しており、2017年10月1日の譲渡完了に向けて、両社で協議を進めていく。

具体的には、大型発電機や大型芝刈り機などに搭載される、富士重工業の汎用エンジン「EH Vツインシリーズ」の3製品(EH65、EH72、EH65V)の技術資産を、ヤマハ発動機の100%子会社であるヤマハモーターパワープロダクツ(YMPC)へ譲渡。これにより、YMPCは汎用エンジン「EH Vツインシリーズ」の国内外での販売が可能となる。

米国販売会社の譲渡については、富士重工業の子会社であるスバル インダストリアル パワープロダクツの全株式をヤマハ モーター コーポレーション U.S.Aへ譲渡。これにより、ヤマハは北米における富士重工業の汎用エンジン事業のアフターサービスを継承するとともに、北米での特機事業をさらに強化していく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集