路上に倒れこんでいた高齢男性、ひき逃げされて死亡

11月27日午前3時25分ごろ、大阪府枚方市内の市道で、路上に倒れこんでいた70~80歳代とみられる高齢男性に対し、進行してきた乗用車が衝突する事故が起きた。男性は死亡。警察は車両を現場に放置して逃走していた47歳の男を逮捕している。

自動車 社会 社会
11月27日午前3時25分ごろ、大阪府枚方市内の市道で、路上に倒れこんでいた70~80歳代とみられる高齢男性に対し、進行してきた乗用車が衝突する事故が起きた。男性は死亡。警察は車両を現場に放置して逃走していた47歳の男を逮捕している。

大阪府警・枚方署によると、現場は枚方市菊丘町付近で片側1車線の緩やかなカーブ。70~80歳代とみられる男性は路上に倒れこんでいたところ、直後に進行してきた乗用車にはねられた。

男性は近くの病院へ収容されたが、全身強打でまもなく死亡。運転者は車両を現場に放置して逃走したことから、警察ではひき逃げ事件として捜査を開始。後に現場へ戻ってきた同市内に在住する47歳の男を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失致死)や道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕している。

逮捕された男からは酒気帯び相当量に満たないアルコール分を検出。聴取に対しては「トイレに行きたかった」などと供述しているようだ。また、死亡した男性は腰を痛めて路上に倒れていたとみられ、事故直前に会話していた通行人もいたという。警察では男性の身元特定を急ぐとともに、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集