グッドイヤーの球体コンセプトタイヤ、米『タイム』誌のベスト発明品に選出

自動車 ビジネス 企業動向
グッドイヤー Eagle-360
  • グッドイヤー Eagle-360
グッドイヤーは、コンセプトタイヤ「Eagle-360」が米『タイム』誌の「2016年ベスト発明品」に選ばれたと発表した。

タイム誌は、技術分野担当編集者が「世界をより良く、よりスマートに、時としてより楽しくしてくれる発明品」を「ベスト発明品」として毎年選出。今年はEagle-360コンセプトタイヤを含めて25点が選ばれた。他にはVR対応ヘッドセット、自動で靴ひもが締まるスニーカー、テスラとソーラーシティが共同開発した屋根用タイル一体型ソーラーパネル、シボレーの電気自動車ボルトなどが選ばれている。

グッドイヤーのEagle-360は、球体の形状をもつコンセプトタイヤ。自動運転車に究極の操作性と接続性を提供し、自然界の生物の機能を模倣した技術(バイオミミクリー)を取り入れて、安全性も高めている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 後付け可能な先進運転システム、パイオニアが開発…事故リスク予測プラットフォーム 画像 後付け可能な先進運転システム、パイオニアが開発…事故リスク予測プラットフォーム
  • 【ロサンゼルスモーターショー16】日産 セントラNISMO…専用ギアレシオの6MTも[詳細画像] 画像 【ロサンゼルスモーターショー16】日産 セントラNISMO…専用ギアレシオの6MTも[詳細画像]
  • フィアット 500、チェック柄シートの限定車…Beatsサウンドも装備 画像 フィアット 500、チェック柄シートの限定車…Beatsサウンドも装備
  • グッドイヤー、純利益は17%増 第3四半期決算 画像 グッドイヤー、純利益は17%増 第3四半期決算

特集