ヤマハ発動機、トリシティ155 ABS を発売…高速道路も走行可能なLMW第2弾

モーターサイクル 新型車

ヤマハ トリシティ155 ABS
  • ヤマハ トリシティ155 ABS
  • ヤマハ トリシティ155 ABS
  • ヤマハ トリシティ155 ABS
  • ヤマハ トリシティ155 ABS
  • ヤマハ トリシティ155 ABS
  • ヤマハ トリシティ155 ABS
  • ヤマハ トリシティ155 ABS
  • ヤマハ トリシティ155 ABS
ヤマハ発動機は、フロント二輪のLMWモデル第2弾として、高速道路も走行できる『トリシティ155 ABS』を2017年1月20日より発売する。

トリシティ155 ABSは、「もっと行動範囲を広げ、さらに所有感を満たす New Standard City Commuter」をコンセプトに開発。最高出力15ps、最大トルク14N・mを発生する155cc BLUE COREエンジンを搭載し、高速道路走行にも対応するパワフルな走りを実現する。
軽快でスポーティなハンドリングと安定感を備えるヤマハ独自のLMW機構に加え、155ccエンジンとの最適なマッチングを図った新設計のフレームを採用。高速域でも十分な強度と剛性のバランスを確保し、足元スペースも広くなっている。

そのほか、高級感のあるLEDヘッドランプや約23.5リットルのシート下トランク、ワンタッチ操作のパーキングブレーキなどを装備する。

価格は45万3600円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集