動画撮影後にピント調整ができる---日立がレンズレスカメラ技術を開発

自動車 ビジネス 企業動向
開発したカメラ技術の撮影原理
  • 開発したカメラ技術の撮影原理
日立製作所は11月15日、レンズの代わりに同心円パターンを印刷したフィルムを用いて、動画撮影後に容易にピント調整ができるレンズレスカメラ技術を開発したと発表した。

今回開発したレンズレスカメラ技術では、同心円パターンを重ね合わせることによって生じるモアレ縞の原理を利用することで、薄型軽量のレンズレスカメラでありながら、画像処理の計算量を300分の1まで減らすとともに、ライトフィールドカメラのように撮影後のピント調整機能を合わせ持つ。

レンズが不要となることでカメラの薄型軽量化を実現し、モバイル機器やロボットなどのデザインを損ねることなく、より自由な位置にカメラを設置することが可能となる。また同技術は、平面情報に加え、奥行き情報も画像センサーに記録できるため、撮影後でも任意のピント位置で動画を再生可能。撮影した映像からピントを合わせたい対象物を自由に選択して再生できるため、同カメラをモバイル機器や車、ロボットに搭載することで、作業支援、自動運転や人の行動分析など、幅広い用途での活用をめざす。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • デンソー、夜間の歩行者認識性能を向上した画像センサーを開発 画像 デンソー、夜間の歩行者認識性能を向上した画像センサーを開発
  • 【CEATEC 16】クラリオン、自動運転社会に向けた車載情報システム技術を紹介 画像 【CEATEC 16】クラリオン、自動運転社会に向けた車載情報システム技術を紹介
  • 【イノトランス16】日立製作所、ドライバーレス運転システムや高速車両AT-400など紹介 画像 【イノトランス16】日立製作所、ドライバーレス運転システムや高速車両AT-400など紹介
  • 【日産 セレナ 新型】「プロパイロット」の測拒能力は、ミリ波レーダーやステレオカメラを超えたか 画像 【日産 セレナ 新型】「プロパイロット」の測拒能力は、ミリ波レーダーやステレオカメラを超えたか

特集

おすすめのニュース