ワイン・ガードナーの取り調べ続く

自動車 社会 社会

栃木県茂木町のツインリンクもてぎで開催されたMotoGPに選手関係者として来日したワイン・ガードナーの勾留が、27日現在も続いている。

ガードナーは16日朝、観戦に訪れた一般車両とのトラブルが原因で、乗用車に乗る男性3人に対する暴行容疑で茂木署に逮捕され、翌日宇都宮地方検察庁に送検された。

送検から10日以上が経過した今も、釈放された様子はない。捜査関係者は「処分は決まっていない」としている。

ガードナーは容疑を否認しており、関係者の話などから、その主張は今も変わっていないとみられる。
《中島みなみ》

編集部おすすめのニュース

特集