【MX-5カップ・インビテーショナル】優勝はナサニアル“スパーキー”

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

MX-5カップ・インビテーショナル
  • MX-5カップ・インビテーショナル
  • MX-5カップ・インビテーショナル第2レース表彰台、1位(中央):スパークス、2位(向かって左):ディーンII、3位(向かって右):堤。 《撮影 ケニー中嶋》
マツダの「グローバルMX-5カップ」シリーズ実施にあたり、9月10-11日に米西海岸ラグナセカレースウェイで、「MX-5カップ・インビテーショナル」が開催され、ナサニアル“スパーキー”スパークス〈アメリカ〉が総合優勝した。

スパークスはあだ名で“ミスター・コンシステンシー”=一貫、不変、安定と呼ばれるように、土曜日の第1レースはポールスタートの2位フィニッシュ、日曜日の第2レースは2番手スタートの1位フィニッシュだった。日本から参戦した堤優威(つつみ・ゆうい)は総合5位だった。

MX-5カップ・インビテーショナル総合ランキング
1. ナサニアル・スパークス(シック・サイドウェイズ・レーシング) 121点
2. ジョン・ディーンII(シック・サイドウェイズ・レーシング) 109点
3. ロビー・フォリー(アトランタ・モータースポーツ・グループ) 98点
4. モーリツ・クランツ(コープランド・モータースポーツ) 98点
5. 堤優威(コープランド・モータースポーツ) 96点
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集