ボーイング、営業赤字に転落…787型機開発費など 4-6月期決算

航空 企業動向
ボーイング747の生産
  • ボーイング747の生産
  • ボーイング777X
  • 737 MAX 8初飛行が成功
ボーイングが発表した2016年4~6月期(第2四半期)の連結決算は、売上高が前年同期比1%増の247億5500万ドルと増収だった。民間航空機の納入機数とサービス部門が伸びた。

損益では、『787』型機向け研究開発費の増加や、『747』型機プログラムと空中給油・輸送機『KC-46』プログラム費用を計上したため、営業損益は4億1900万ドルの赤字となった。当期損益は2億3400万ドルの赤字だった。

民間航空機をはじめとする受注残は堅調さを維持しており、民間航空機約5700機を含め金額ベースでは4720億ドルに達している。

ボーイングのデニス・マレンバーグ会長・社長兼CEOは「民間航空機と防衛両部門のチームが好調な売上高と営業キャッシュフローを収めたことで、会社の基本的な業績は堅調さを維持している。今年下半期をみても、市場をリードする製品の幅広いポートフォリオに対して全般的に健全な需要があることから、全社を通じて好調な業績が継続すると予測している。民間航空機の開発プログラムは順調に推移しており、空中給油・輸送機KC-46についても、顧客の生産意思決定に必要な飛行試験を完了した」としている。

2016年の1株当たりGAAP利益見通しは8.45~8.65ドルから6.40~6.60ドルに下方修正した。787型機向け研究開発費の振り替え、747型機と空中給油・輸送機KC-46で計上した費用の影響、堅調な業績、税制優遇を反映したとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集