ファンボロー航空ショーで「富士山」と「桜」をまとったANA仕様 787-9 がデモ飛行

航空 企業動向
ファンボロー国際航空ショー向けに特別にデザインされたANA仕様の787-9
  • ファンボロー国際航空ショー向けに特別にデザインされたANA仕様の787-9
  • ファンボロー国際航空ショー向けに特別にデザインされたANA仕様の787-9
  • ファンボロー国際航空ショー向けに特別にデザインされたANA仕様の787-9
全日本空輸(ANA)は、7月11日からイギリス・ファンボローで開催される「第50回ファンボロー国際航空ショー」でボーイングが実施するデモンストレーション飛行に、ANA塗装のボーイング『787-9』型機が使用されると発表した。

エアショーで日本の航空会社の塗装機がファンボローでデモンストレーション飛行するのは初めて。

デモンストレーション飛行は、7月11~13日の3日間、ボーイングが所有するANAが受領する前の787-9型機に、日本を象徴する「富士山」と「桜」のデカールを貼り付けて飛行する。

ANAは、787のローンチ・カスタマーで、787シリーズの世界最大ユーザーでもあることから、今回のデモンストレーション飛行が実現した。ANAはこれまでに合計83機の787シリーズを発注済みで、そのうち胴体延長型の787-9型機は44機発注しており、現在まで11機を受領、主に国際線で使用している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース