小型二輪車新車販売、熊本地震影響でホンダのシェア3位に転落…6月

モーターサイクル 企業動向
東京・南青山のホンダ本社ショールーム(参考画像)
  • 東京・南青山のホンダ本社ショールーム(参考画像)
全国軽自動車協会連合会が発表した6月の小型二輪車の新車販売台数は、前年同月比16.3%減の6261台と3カ月連続マイナスだった。

二輪車増税の影響で、スズキを除いて低調だった。

シェアトップは、ヤマハ発動機で同12.7%減の1403台と前年の水準が高いこともあって落ち込んだ。

2位はカワサキで同29.2%減の958台と不振だった。

ホンダは二輪車を製造する熊本製作所が熊本地震で操業を停止している影響もあって同41.0%減の743台と大幅に落ち込み、シェア3位に転落した。

スズキは同16.0%増の595台と好調だった。輸入車などのその他は同6.8%減の2562台と低調だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 小型二輪新車販売、熊本地震影響でマイナス ホンダ3割減…5月 画像 小型二輪新車販売、熊本地震影響でマイナス ホンダ3割減…5月
  • 小型二輪車販売台数、スズキと輸入車好調で2カ月連続プラス…4月 画像 小型二輪車販売台数、スズキと輸入車好調で2カ月連続プラス…4月
  • 輸入小型二輪の新規登録、ドゥカティが1年5か月ぶりに2位浮上…5月 画像 輸入小型二輪の新規登録、ドゥカティが1年5か月ぶりに2位浮上…5月
  • 二輪車輸出実績、14.4%増の5万1059台で10か月ぶりのプラス…3月 画像 二輪車輸出実績、14.4%増の5万1059台で10か月ぶりのプラス…3月

特集