飲酒運転の警官2人を逮捕、直前には当て逃げ事故も起こす

19日午前4時20分ごろ、北海道帯広市内の国道241号で信号待ちをしていた乗用車に対し、進行してきた別の乗用車が衝突。そのまま逃走する事件が起きた。警察は後に20歳の警官の男2人を飲酒運転の現行犯で逮捕している。

自動車 社会 社会
19日午前4時20分ごろ、北海道帯広市内の国道241号で信号待ちをしていた乗用車に対し、進行してきた別の乗用車が衝突。そのまま逃走する事件が起きた。警察は後に20歳の警官の男2人を飲酒運転の現行犯で逮捕している。

北海道警・監察官室と帯広署によると、同署の地域課に所属する20歳の警官の男は飲酒後に乗用車を運転。帯広市西1条北2丁目付近の国道241号(片側2車線の直線区間)で信号待ちをしていた別の乗用車に衝突。そのまま現場から逃走した疑いがもたれている。

この警官の運転していたクルマは現場にナンバープレートの付いた前部パンパーを脱落させており、警察の寮へ帰宅した後に気づいた男と、同乗していた別の20歳の警官の男がそれぞれクルマを運転。走行ルート沿いで脱落したバンパーの捜索を行っていたところ、当て逃げの通報を受けて捜索していた同署員が2人を別々の場所で発見。呼気から酒気帯び相当量のアルコール分が検出されたことから、道路交通法違反(酒気帯び運転)の現行犯で逮捕した。

2人は前夜から約5時間に渡って酒を飲み続けていたことを認めており、聴取に対しては「酒を飲んだ後に運転していたのは間違いなく、弁解の余地はない」などと供述しているようだ。警察では飲酒した場所や量の特定を急ぐとともに、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

  • 警官が酒酔い運転で事故、勤務後の飲酒を認める 画像 警官が酒酔い運転で事故、勤務後の飲酒を認める
  • 信号無視で当て逃げ、運転者は飲酒運転の警官 画像 信号無視で当て逃げ、運転者は飲酒運転の警官
  • 警官が飲酒運転で物損事故、クルマを放置し逃走 画像 警官が飲酒運転で物損事故、クルマを放置し逃走
  • 飲酒後に車内で3時間の仮眠、物損事故を起こした警官を逮捕 画像 飲酒後に車内で3時間の仮眠、物損事故を起こした警官を逮捕

特集