ANA、日本ブラインドサッカー協会とパートナーシップ契約…選手の渡航を支援

航空 企業動向
ANA
  • ANA
  • ブラインドサッカー日本代表(参考画像)
全日本空輸(ANA)は、NPO法人日本ブラインドサッカー協会(JBFA)とパートナーシップ契約を締結した。

ANAでは契約締結を受けて、ブラインドサッカー日本代表のスポンサー、オフィシャルエアラインパートナーとして渡航支援を実施するほか、ブラインドサッカーに関する研修プログラムを社内制度に導入、ダイバーシティ啓蒙活動を推進する。

契約期間は、2016年6月16日から2018年3月31日までの約2年間。

ANAでは、国内外へ遠征する選手の渡航支援を通じて、選手と関係者からANAのサ-ビスに関するフィードバックを参考に、ユニバ-サル対応を強化する。また、JBFAが実施しているブラインドサッカー体験型研修プログラム「OFF TIME Biz」を社内研修に取り込み、障がい者理解を深め、心のバリアフリー推進や、障がい者雇用を促進する環境を整える。

このほか、小・中学生を対象とするブラインドサッカー出張授業「スポ育」の支援を通じて、障がい者理解や思いやりの気持ち、協力することを学ぶ子ども達を応援する。

JBFAは、ブラインドサッカー日本代表の海外遠征と国内合宿の機会を増やすことで競技力向上に努め、2020年東京パラリンピックでのメダル獲得を目指す。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ANAグループ、熊本地震の被災者を支援へ…義援金やマイルによる寄付を受付 画像 ANAグループ、熊本地震の被災者を支援へ…義援金やマイルによる寄付を受付
  • ANA、福岡女学院大学と教育連携協定を締結…現役客室乗務員による講座 画像 ANA、福岡女学院大学と教育連携協定を締結…現役客室乗務員による講座
  • JAL、社員による「JALスポーツアンバサダー」発足 画像 JAL、社員による「JALスポーツアンバサダー」発足
  • ANA、JALと同じく8月以降の国際線旅客の燃油サーチャージをゼロに 画像 ANA、JALと同じく8月以降の国際線旅客の燃油サーチャージをゼロに

特集