【リコール】スズキ ソリオ など5万台、エアバッグが開かないおそれ

自動車 ビジネス 企業動向
スズキ ソリオ
  • スズキ ソリオ
  • 改善箇所
スズキは5月27日、『ソリオ』などのエアバッグに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、スズキ『ソリオ』、『イグニス』、『バレーノ』、三菱『デリカD:2』の4車種で、2015年7月27日から2016年5月12日に製造された合計5万1438台。

エアバッグコントローラの制御プログラムが不適切なため、イグニッションスイッチをオフにした後、特定のタイミングで再度オンにした場合、制御プログラムが消去されてしまうことがある。そのため、エアバッグ警告灯が点灯し、衝突時にエアバッグが展開しないおそれがある。

改善措置として、全車両、エアバッグコントローラの制御プログラムを書き換える、または、エアバッグコントローラを対策品と交換する。

不具合は1件発生、事故は起きていない。社内製造工場からの情報により発見した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 米ハワイ州、タカタを提訴…エアバッグ問題で米州初 画像 米ハワイ州、タカタを提訴…エアバッグ問題で米州初
  • タカタ、エアバッグ関連費用など201億円を特別損失を追加計上…2016年3月期 画像 タカタ、エアバッグ関連費用など201億円を特別損失を追加計上…2016年3月期
  • 【リコール】ホンダ ライフ など14万2000台、エアバッグが展開しないおそれ 画像 【リコール】ホンダ ライフ など14万2000台、エアバッグが展開しないおそれ
  • リコール台数が過去最高の1890万台、タカタ製エアバッグの影響…2015年度 画像 リコール台数が過去最高の1890万台、タカタ製エアバッグの影響…2015年度

特集