BASF支援の学生宇宙農業研究プロジェクト、挿し木を載せたロケットを打ち上げ

宇宙 エンタメ・イベント

エーディト・シュタイン・スクールに通う学生たち
  • エーディト・シュタイン・スクールに通う学生たち
BASFは、同社が支援する学生プロジェクト「V3PO」の研究の一貫として、研究対象となる植物の挿し木が、今夏に国際宇宙ステーション(ISS)へロケットで打ち上げられることが決定したと発表した。

V3POは、NASAの教育プログラムに採用されたドイツ初の学生プロジェクト。主な課題は、宇宙飛行を支える新鮮な食料を生産するにあたり、大量の種を運ばずに宇宙環境で植物を繁殖させること。BASFとNASAはこの課題に関心を寄せ、BASFがプロジェクトの科学面で支援し、NASAによって宇宙ステーションでの実験が実現することとなった。

V3POプロジェクトのメンバーであるマリア・コッホ氏、ラファエル・シリング氏、デイヴィット・ジェレイ氏の3人は、ドイツのエーディト・シュタイン・スクールで農業を専攻する学生。3人は、適切な実験計画を立てるために、ドイツのBASF農業研究所でのインターンシップに参加し、フロリダにあるケネディ宇宙センターの実験室で実施する実験の準備を行った。 宇宙環境では温度や湿度の違いから挿し木が細菌や菌類に感染する可能性が高いため、BASFは専門知識と製品を実験に提供。ISSでの研究期間およびその前後で、挿し木が糸状菌由来病害にかからないようにするために、BASFの殺菌剤が役立つ。

これまで無重力下で行われてきた実験では、種子の発芽時における根の成長を研究の重点に置いてきた。しかし、種子と違って挿し木には根がない。学生たちは今回の実験で、重力の影響がない環境で挿し木は根、芽、葉を成長させることができるのか、またその仕組みについて明らかにすることを目的としている。ISSでの実験と同時に、地球では重力の影響下での対照実験も実施予定。無重力でも植物の繁殖に挿し木が利用できれば、火星など長期の宇宙飛行時の食料供給において、大きな一歩を踏み出すこととなる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集