ANA、夏休み期間中にリゾート路線を増便へ…羽田=宮古線など

航空 企業動向
ANA
  • ANA
全日本空輸(ANA)は、2016年サマーダイヤ期間中、国内線でリゾート路線を増便すると発表した。

ANAは、2013年サマーダイヤから羽田=石垣線を1日1往復で運航を再開し、2014年2月からは1日2往復に増便した。関空=宮古線も2015年6月から9月にかけて期間限定で運航再開し、2016年サマーダイヤからは通年運航を開始したほか、同じく2016年サマーダイヤから羽田=宮古線に新規就航した。

これらのリゾート路線は好調なため、沖縄離島路線の利便性を向上させるため、羽田=宮古線を期間限定で1日2往復に増便する。

また、その他の路線についても、夏休み期間を中心とした旅行ニーズの高まりに対応するため、期間増便する。関西=沖縄線と中部=札幌線を1日5往復、中部=沖縄線を3往復、沖縄=石垣線を1日7~8往復にそれぞれ増便する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集