JAL、国内線インターネット15分無料利用を期間限定で実施

航空 企業動向

JAL(イメージ)
  • JAL(イメージ)
日本航空(JAL)は、国内線機内インターネット15分無料キャンペーンを実施する。

JALでは、2014年7月からスマートフォンやタブレット端末など乗客自身のWi-Fi対応機器で、メール、SNS、ウェブ閲覧など、機内から地上とのインターネット通信が利用できる国内線機内Wi-Fiサービスを開始している。

今回、より多くの乗客に機内インターネットを体験してもらうため、GWスペシャル「15分無料キャンペーン」を実施する。期間中、国内線Wi-Fiサービス対応機材で運航する全便で、機内インターネット接続サービスを「15分間無料」で利用できる(通常は有料)。

期間は4月20日から5月31日まで。サービスを提供している機材は現在61機で、2016年度末までに77機となる予定。

また、自身の端末で閲覧できる無料ビデオプログラムも、4月からは30チャンネルに増やし、子ども向けの番組も用意した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集