脱線事故の長良川鉄道、運行区間を美濃太田~美濃市に拡大

鉄道 企業動向

洲原~母野間の須原トンネル(岐阜県美濃市)で発生した脱線事故の影響で、一部区間の運行を見合わせている長良川鉄道は、4月18日から運行区間を美濃太田~美濃市間17.7kmに拡大する。これに伴い代行バスの運行区間も、美濃市~北濃間54.4kmに縮小する。

18日の代行バスは「本来の列車時刻に沿って運行」(長良川鉄道)されるが、湯の洞温泉口発着の列車に相当する代行バスは運行しない。また、一部の代行バス停留所は駅から離れた場所に設けられている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集