ヒュンダイ米国販売7.5万台、月販新記録…3月

自動車 ビジネス 海外マーケット

新型ヒュンダイ ソナタ
  • 新型ヒュンダイ ソナタ
  • 新型ヒュンダイ ジェネシス セダン
  • 新型ヒュンダイ ツーソン(米国仕様車)
  • ヒュンダイ・サンタフェ
  • ヒュンダイ・エラントラ
  • ヒュンダイ ジェネシス クーペ
ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)の米国法人、ヒュンダイモーターアメリカは4月1日、3月の米国新車販売の結果をまとめた。総販売台数は、月販新記録の7万5310台。前年同月比は0.4%増だった。

乗用車系では、主力ミドルセダンの『ソナタ』が、前年同月比56.9%増の2万8778台と、月販新記録。高級4ドアサルーン&2ドアスポーツクーペの『ジェネシス』も、22.8%増の3762台と好調。このうち、『ジェネシスセダン』は、月販新記録を打ち立てた。

一方、小型車の『エラントラ』は、5ドアハッチバックの『エラントラGT』と2ドアクーペを含めて、1万7505台を販売。前年同月比は39.2%減と、4か月連続のマイナス。フラッグシップサルーンの『エクウス』も、前年同月比25.3%減の160台と、前年割れ。

SUV系では、新型に切り替わった『ツーソン』が、前年同月のおよそ1.8倍の7830台を販売。一方、『サンタフェ』は33.9%減の6546台と、5か月連続のマイナスだった。

ヒュンダイモーターアメリカの2016年第1四半期(1‐3月)新車販売は、前年同期比0.7%増の17万3330台と、第1四半期の新記録。同社のデリック・ハタミ副社長は、「ツーソンとソナタが第1四半期、ハイペースな販売を続けた」と語っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集