GM、新グローバルデザイン担当副社長を指名

自動車 ビジネス 企業動向

GMの新グローバルデザイン担当副社長に指名されたマイケル・シムコー氏
  • GMの新グローバルデザイン担当副社長に指名されたマイケル・シムコー氏
  • キャデラックCTSセダン
米国の自動車最大手、GMは4月7日、マイケル・シムコー氏を、同社のデザインを統括するグローバルデザイン担当副社長に起用すると発表した。

今回の人事は、GMのグローバルデザイン担当、エド・ウェルバーン副社長が7月1日付けで勇退することを受けたもの。エド・ウェルバーン氏は2005年から、GMのグローバルデザインを主導してきた。

マイケル・シムコー氏はGMのデザイン部門において、33年に及ぶキャリアを持つ。1983年、GMのオーストラリア部門のホールデンに、デザイナーとして入社した。

その後、1995年には、GMアジア太平洋のデザインディレクターに就任。2003年からは、アジア太平洋デザインの上級ディレクターに昇格した。

2014年からは、韓国、オーストラリア、インドのデザインスタジオを統括。これまでに、シボレー『カマロ』やキャデラック『CTS』などのデザインを手がけている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集