軽自動車販売、トップ10のうち9車種が2ケタ減…3月車名別

自動車 ビジネス 国内マーケット

ホンダ N-BOX
  • ホンダ N-BOX
  • ダイハツ タント
全国軽自動車協会連合会が発表した3月の軽四輪車通称名別新車販売台数(速報)によると、ホンダ『N-BOX』が2万5542台(16.6%減)で、4か月ぶりのトップとなった。

前回首位のダイハツ『タント』で2万1565台(18.0%減)で2位転落。トップとの差は3977台だった。3位は前月同様、日産『デイズ』で1万9326台(17.9%減)だった。

軽自動車の販売不振は依然として続き、トップ10中、発売1年未満のダイハツ『キャスト』を除き、全車種が2ケタ減となった。

3月の軽自動車販売台数ランキング上位10車は以下の通り(カッコ内は前年同月
比)。

1位:N-BOX(ホンダ)2万5542台(16.6%減)
2位:タント(ダイハツ)2万1565台(18.0%減)
3位:デイズ(日産)1万9326台(17.9%減)
4位:アルト(スズキ)1万3945台(11.7%減)
5位:ワゴンR(スズキ)1万2757台(12.8%減)
6位:N-WGN(ホンダ)1万2737台(27.4%減)
7位:キャスト(ダイハツ)1万0643台
8位:ハスラー(スズキ)1万0236台(17.3%減)
9位:ムーヴ(ダイハツ)1万0024台(48.8%減)
10位:ミラ(ダイハツ)9772台(29.5%減)
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集