メルセデスのドイツ主力工場、GLCクーペ 生産へ

ドイツの高級車メーカー、メルセデスベンツは3月31日、ドイツ・ブレーメン工場において、『GLCクーペ』の生産を行う計画を発表した。

自動車 ビジネス 企業動向
メルセデスベンツ GLC クーペ
  • メルセデスベンツ GLC クーペ
  • メルセデスベンツ GLC クーペ
  • メルセデスベンツ GLC クーペ
ドイツの高級車メーカー、メルセデスベンツは3月31日、ドイツ・ブレーメン工場において、『GLCクーペ』の生産を行う計画を発表した。

ブレーメン工場は、メルセデスベンツの主力工場のひとつ。現在、『Cクラス』のセダン、ステーションワゴン、クーペ、『Eクラス』のクーペとカブリオレ、『GLC』を生産。これ以外にも、『SLC』、『SL』の合計8車種を組み立てている。

今回、メルセデスベンツは、新型SUVクーペのGLCクーペの生産をブレーメン工場で行うと発表。同車は、ニューヨークモーターショー16でワールドプレミアされたばかり。2016年内には、新型『Cクラス カブリオレ』の生産も、同工場で開始する予定。

今回の生産再編により、ブレーメン工場では200名の追加雇用が創出される見通し。

ブレーメン工場のPeter Theurer工場長は、「野心的なメルセデスベンツの2020年成長計画に関連して、ブレーメン工場が非常に良い地位に置かれることになるだろう」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集