名古屋臨海高速鉄道も全国ICカードに対応…3月12日から

鉄道 企業動向
名古屋駅で発車を待つあおなみ線の列車。3月12日からICカードの全国相互利用サービスに対応する。
  • 名古屋駅で発車を待つあおなみ線の列車。3月12日からICカードの全国相互利用サービスに対応する。
  • あおなみ線の金城ふ頭駅。3月12日からICカードの全国相互利用サービスに対応する。
西名古屋港線(あおなみ線)を運営する名古屋臨海高速鉄道は1月29日、交通系ICカードの全国相互利用サービスに対応すると発表した。3月12日からあおなみ線の全駅で10種類のICカードを利用できるようになる。

あおなみ線は、名古屋(名古屋市中村区)~金城ふ頭(港区)間15.2kmを結ぶ鉄道路線。現在利用できるICカードは、manaca・TOICA・Suicaの3種類だが、3月12日からはPASMOやICOCAなど新たに7種類のカードも利用できるようになる。

中京圏ではあおなみ線のほか、名古屋ガイドウェイバスのガイドウェイバス志多味線(ゆとりーとライン)も、3月12日から全国相互利用サービスに対応する。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

  • 名古屋ガイドウェイバス、3月からICカード全国相互利用サービスに対応 画像 名古屋ガイドウェイバス、3月からICカード全国相互利用サービスに対応
  • 東海道・山陽新幹線、提携カード会員以外もチケットレスサービス利用可能に 画像 東海道・山陽新幹線、提携カード会員以外もチケットレスサービス利用可能に
  • 「駅名予測」「観光スポット検索」など、東京メトロが“次世代券売機”開発 画像 「駅名予測」「観光スポット検索」など、東京メトロが“次世代券売機”開発
  • 富山ライトレール、ICカードの利用期間制限を撤廃 画像 富山ライトレール、ICカードの利用期間制限を撤廃

特集