【トヨタ プリウス 新型】ブリヂストン、シートパッドを納入…快適性や運動性能向上に寄与

自動車 ニューモデル 新型車
シートパッド製品写真(後部座席の座面部分)
  • シートパッド製品写真(後部座席の座面部分)
  • ウレタンフォームの内部構造イメージ
  • トヨタ プリウス
  • トヨタ プリウス
ブリヂストンは12月17日、トヨタ自動車の新型『プリウス』向けに、後部座席用のシートパッド(座面部)を納入すると発表した。同社シートパッドのプリウスシリーズへの採用は今回が初めてとなる。

ウレタンフォーム製シートパッドの乗り心地向上には、適度な柔らかさが必要になる。しかし、コーナリング時などでは、体が沈み込みやすいため、姿勢を保つことが難しくなるという課題があった。新型プリウスには、走る楽しさと快適性が求められており、コーナリング時などに姿勢を保つための適度な硬さ(剛性)と振動吸収性がシートパッドには必要とされた。

今回納入するシートパッドでは、セル構造の骨格の剛性と減衰特性、さらにはセル構造に起因する通気性の最適化を図ることで、最適な硬さと振動吸収性を確保。車両に求められる快適性を向上させた。またシートパッドの薄肉化によって軽量化にも寄与し、新型プリウスの燃費性能の追求にも貢献している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集