コパ航空、B737-800特別塗装機を受領…機材数100機に

航空 企業動向
コパ航空、B737-800特別塗装機を受領
  • コパ航空、B737-800特別塗装機を受領
中南米パナマのコパ航空(Copa Airlines)は11月20日、ボーイング737-800型機1機を受領し、機材数が100機に到達した。

「100」のデカールをあしらった特別塗装機はSMBCアビエーション・キャピタルからリースした機体。コパ航空のペドロ・ハイルブロンCEOは「今回受領した機体は、コパ航空設立以来、68年にわたる着実な成長、乗り入れ地点数の増加、ロジスティックスとツーリズムの中心として台頭しつつあるパナマを象徴している」と述べた。

コパ航空の機材数100機のうち、77機は737-800などの737NGが占めている。パナマのフラッグキャリアは今年4月、ボーイングに61機の737MAXを発注した。737MAXは燃料効率、信頼性、快適性で737NGを上回る。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース