KDDIなど、訪日外国人向け「1000円TAXI」で音声翻訳システムの社会実証を開始

自動車 ビジネス 企業動向

訪日外国人向け観光タクシーで多言語音声翻訳システムを活用した社会実証の提供イメージ
  • 訪日外国人向け観光タクシーで多言語音声翻訳システムを活用した社会実証の提供イメージ
KDDI、KDDI研究所は、11月18日から鳥取県鳥取市の訪日外国人向け観光タクシー「1000円タクシー」で、多言語音声翻訳システムを活用した社会実証を開始した。

「1000円タクシー」は、2011年1月から提供している、鳥取市を訪れる外国人観光客向けの観光タクシー。観光地の歴史・文化などを学び、「鳥取観光マイスター」として認定されたタクシー運転手が鳥取市の各観光地をタクシーで案内する。観光客1人当たり3時間1000円で利用できる。

今回、KDDIは多言語音声翻訳システムを「1000円タクシー」に供給、課題となっていたタクシー運転手と訪日外国人のタクシー内のコミュニケーションを実現させることで、言葉の壁に起因する社会サービスの差を克服することを目指す。

また、KDDI研究所は、音声翻訳精度の改善のため、位置情報や、利用者のスマホなど、情報を活用した「翻訳精度向上技術」の研究開発に活用する構え。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集