タカタとIHI、津波救命艇用シートベルトを 共同開発

自動車 テクノロジー 安全
救命艇専用4点式シートベルト
  • 救命艇専用4点式シートベルト
  • モデルチェンジ型津波救命艇
タカタとIHIは11月16日、IHIが製造した津波救命艇専用のシートベルトを共同開発したと発表した。タカタが船舶用4点式シートベルトを開発するのは今回が初。

津波救命艇は津波襲来時に浮遊して安全に避難するためのもの。IHIでは 2013年に日本で初めて津波救命艇の原型承認を取得し、今回、安全性や避難生活を高い次元で追及したモデルチェンジ型を開発した。

タカタとIHIが共同開発した専用シートベルトは、装着が容易で体全体をホールドできる形状になっている。また、衝突模擬試験を実施するなど、シートベルトと座席、ヘッドレストの総合的な機能と安全性を検証している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • トヨタ社長、タカタ製硝酸アンモニウム式インフレーター使用中止も代替品は排除せず 画像 トヨタ社長、タカタ製硝酸アンモニウム式インフレーター使用中止も代替品は排除せず
  • 自動車メーカー各社、タカタ製エアバッグ部品の取り扱い巡り方針表明相次ぐ 画像 自動車メーカー各社、タカタ製エアバッグ部品の取り扱い巡り方針表明相次ぐ
  • タカタ、「ホンダが指摘した試験結果の不備を否定」との報道を否定 画像 タカタ、「ホンダが指摘した試験結果の不備を否定」との報道を否定
  • タカタ、エアバッグを改良…次世代インフレータ採用へ 画像 タカタ、エアバッグを改良…次世代インフレータ採用へ

特集